[RC5001] モバイルサポート 利用規約

モバイルアプリで表示される利用規約は以下になります。

------------------------------------------------

1. 通知
1.1 本サービス規約(以下、「本規約」という)は、サービス提供者(1.3において定義する。)が提供するオンラインによる遠隔端末操作サービス及びそれに関連するサービス(以下、総称して「本サービス」という)の提供条件及び本サービスの利用に関する当社とユーザーの権利義務関係を定めることを目的とし、本サービスを利用する全てのユーザー及び本サービスに関わる一切の関係に適用されるものとする。なお、本規約において、「ユーザー」とは、遠隔サポート Remote Call + mobile Packのユーザーソフトウェア(以下、「本ソフトウェア」という)を自ら利用する端末機器にインストール、又は既にインストールされている、本ソフトウェアを利用して本サービスを利用する個人をいう。

1.2 ユーザーは、本規約を承認のうえ、本サービスを利用するものとし、本規約を遵守するものとする。ユーザーは、本サービスまたは本ソフトウェアを利用することにより、本規約を承認し同意したものとみなす。本規約はユーザーとサービス提供者の間における本サービスおよび本ソフトウェア利用にかかる契約の一部であり、ユーザーは、本規約に同意しない場合、本サービスまたは本ソフトウェアを利用することはできないものとする。

1.3 本ソフトウェア及び本サービスに関する知的財産権その他の一切の権利は、全て韓国RSUPPORT社(RSUPPORT Co.,Ltd.)(以下、「RS社」という)又はRS社にライセンスを許諾している者に帰属しており、本規約に基づく本サービスの利用の許諾は、かかる知的財産権その他の権利のユーザーに対する使用の許諾を意味するものではない。本規約において「サービス提供者」とは、RS社から使用許諾を受けた本ソフトウェア及びこれに付随するソフトウェアを利用し、ユーザーに本サービスを提供する事業者のことをいう。

1.4 RS社またはサービス提供者は、ユーザーに事前に通知することなく、本サービス、本ソフトウェア、本規約その他付随する追加条項、ポリシーまたは規約上の権利義務について、いつでも更改または補充できる権利を有する。

1.5 ユーザーは、本規約に基づきサービス提供者より本サービスの提供を受けることについて了解し、同意する。

1.6 ユーザーは、サービス提供者から事前の書面による承諾を得ずして、以下の各号に定める事項を行うことはできない。ユーザーが本項に違反した場合、サービス提供者は直ちにユーザーに対する本サービスの提供を終了し、その他適切な法的措置を講じることができる。
(1)本ソフトウェアの複製、使用、並びにマニュアル等関連資料の複製、翻訳、配布
(2)本ソフトウェアの改変、リバースエンジニアリング、逆コンパイル、逆アセンブル
(3)本ソフトウェアの全部または一部の再配布、再使用許諾、公開(送受信可能化を含む)
(4)本ソフトウェアの貸与、譲渡、レンタル(擬似レンタル行為を含む)
(5)権利保護を目的に予め設定された技術的な制限の解除、無効化、及び当該方法の公開

2. サービス
2.1 ユーザーは、本サービスの提供を受けるに際し、コンサルタントがキーボードまたはその他のデバイスを通じて、ユーザーの端末機器を遠隔で制御し操作することに同意する。さらに、ユーザーは、コンサルタントが必要かつ適切な状況において、ユーザーの端末機器の仕様および設定を確認できることに同意する。なお、本規約における「コンサルタント」とは、ユーザーの端末機器を遠隔で操作するサービス提供者のスタッフのことをいう。

2.2 ユーザーは、本サービスの提供を受ける際、ユーザーの端末機器の画面の撮影、録音、その他の記録手段を通じて、コンサルタントが提供した全ての本サービスに関する活動をサービス提供者が記録することに同意する。さらに、ユーザーは、サービス提供者が、本サービスを提供する過程において、ユーザーの端末機器の個人設定をリセットしまたは削除する可能性があることに同意する。

2.3 ユーザーは、技術的な問題により端末機器の再起動が必要となった場合、これを自らの責任および費用にて行うことに同意する。ユーザーはまた、自ら利用する端末機器内の個人情報や個人のプライバシーに関わる情報が、本サービス提供に関わるサーバーに、ユーザーの個別の同意を得ることなく自動的に記録されることに同意するものとする。

3. 制限事項
RS社またはサービス提供者はいずれも、コンピューターウイルス、ハッカーによる攻撃、その他セキュリティ上のリスクからユーザーを保護するよう商取引上合理的な範囲内で努力するものであるが、これらのリスクにより生じた問題または損害について一切の責任を負わない。また、本サービスまたは本ソフトウェアに関し、ユーザーより提起されたいかなる問題についても、解決を保証するものではない。

4.免責事項
4.1ユーザーは、本サービスの利用により想定される全てのリスクについて、本規約に同意することをもって明示的に承認し、当該リスクが顕在して損害を被った場合であっても、RS社またはサービス提供者に対し、当該損害の賠償その他の請求を行わないものとする。本サービスに関する情報、ファイル、ソフトウェア、その他の資料は、現状有姿のままで、ユーザーに提供されるものであり、RS社およびサービス提供者は、本サービスおよび本ソフトウェアに関するいかなる保証(明示または黙示の保証にかかわらず、また、商業性の保証、特定目的への適合性の保証、信頼性の保証、正確性の保証、ウィルス不存在の保証、または第三者の権利の不侵害の保証を含むが、これらに限らない)も行わないものとする。

4.2 RS社およびサービス提供者は、本サービスまたは本ソフトウェアの瑕疵その他の不具合に起因してまたは関連して生じた、ユーザーの一切の損害(逸失利益、間接的または懲罰的損害を含むがこれに限らない。)について、賠償責任を負うものではなく、またユーザーが本サービスの実施に際し、機器交換のため要した費用についても、負担しないものとする。サービス提供者は、サービス提供者による本規約違反により直接かつ現実にユーザーに生じた損害または費用について、ユーザーが本サービス提供の対価として現に支払った金額の総額を上限として、賠償または補償するものとする。ただし、ユーザーが本サービスの提供を無償で受けていた場合、サービス提供者の当該賠償または補償の責任の上限は20米ドルとする。

4.3 ユーザーは自ら利用する端末機器のバックアップを自らの費用と責任で行うものとする。本サービスの利用により、ユーザーの機器、ソフトウェアまたは情報が毀損しまたは消滅した場合であっても、RS社およびサービス提供者は、当該毀損または消滅した機器、ソフトウェアまたは情報の修復または調整について一切の責任を負わないものとし、当該修復または調整に必要な費用は全てユーザーの負担とする。

4.4 RS社またはサービス提供者の責めに帰すことのできない事由(ストライキ、労働争議、天災、戦争、暴動、内戦、法律および当地政府の命令、第三者たる通信会社あるいはネットワーク上の問題によりサービスを提供できない場合、火災、水害、風災などを含むが、これらに限られない)によりサービス提供者が本サービスを提供できない場合、RS社またはサービス提供者は、本サービスを提供できないことについてユーザーに対して一切の責任を負わないものとする。

5. プライバシーポリシーの適用
5.1 ユーザーは、サービス提供者が、サービス提供時に端末機器内に保存されている情報(個人の機密情報が含まれる場合がある)に接触し、取得することがあることに同意し、かつ、サービス提供者が、その取得したユーザーの個人情報を、サービス提供者が別途定める「プライバシーポリシー」に則り使用することに同意する。

5.2 ユーザーの端末機器に技術的な問題が生じたことにより本サービスを通じてサービス提供者が支援を行う場合、当該支援には問題の分析および排除サービスの提供が含まれる。この場合において、ユーザーは、コンサルタントが、一旦ユーザーの端末機器に接続の上、ユーザーの端末機器の内容を調べることに同意する。またユーザーは、端末機器の技術的問題の把握、本サービスを通じたユーザーにおける問題の解決その他のため、RS社またはサービス提供者が、本サービス提供の過程において、端末機器へのアプリケーション・ソフトウェアのインストール状況、端末機器の使用者、IPアドレス、その他ネットワーク情報その他の端末機器使用に係る特定情報を収集することがあることに同意する。また、ユーザーは、ユーザーによる本サービス登録後、ユーザーの端末機器の技術的問題により再起動が必要となった場合、関連する技術的問題、停止するプログラムの名前、停止時間、バージョン、ファームウェアおよびソフトウェア運用履歴その他の情報について、技術的な問題を記録し、今後の改善及び新たな解決策の提示に用いるため、サービス提供者に転送のうえ、サービス提供者において保存されることがあることに同意する。ユーザーは、これらの情報が適用ある関連法令により個人情報に該当する場合、サービス提供者が「プライバシーポリシー」に従いその収集、処理、利用を行うことに同意する。

5.3 ユーザーは、本サービスおよび本ソフトウェアの提供に関する国の法執行機関またはその他権限のある機関がネットワーク上のセキュリティおよび法令遵守の調査を実施する場合、RS社およびサービス提供者が当該国の法律に基づいて協力する義務があることを了承し、法律の規定に基づく法執行機関の正当な要求がある場合、RS社および提供サービス提供者は、その保有するユーザーに関する情報(ユーザーの個人情報を含むがこれに限らない。)を、当該機関に提供することがあることに同意する。

6. 一般条項
6.1 ユーザーは、RS社およびサービス提供者がユーザーに通知なく、本規約上の義務の履行を第三者に委託しうることに同意する。

6.2 本規約の解釈および適用については、本サービスを提供するサービス提供者の設立準拠地たる国または地域の法律に準拠するものとする。また、本規約に起因しまたは関連する一切の紛争については、サービス提供者の設立準拠地たる国または地域を管轄とする裁判所を第一審の専属的合意管轄裁判所とする。


規約改定履歴:2015年12月15日

 

 

Keyword: モバイルサポート,利用規約,mobile,RCMP

 

お探しの内容が見当たらない場合は、
「リクエストを送信」ボタンをクリックしてお問い合わせください
Powered by Zendesk